Jazz & Audio & Architect


Ellington Big Band at the Central Park

セントラらパークをジョギング中にある広場でゴソゴソ忙しそうに

している方々を発見。

b0187922_8344856.jpg


それもピアノを15台も搬入していました。

b0187922_835999.jpg


それらしき方に伺うと「本日6時30分からエリントンバンドのコンサート」

があるとこことでした。 それもフリーで。


さあ開演です。 MCを勤めた方はエリントンの娘さんとのことでした。

また、孫がギターだったかで参加していたようです。
b0187922_8354097.jpg



それが終了後アッパー・イーストにあるスモークでのジョン・ファンズワース

のライブに行ってきました。

b0187922_839853.jpg



通常カメラ、録音機器は制限していますがフラッシュを使用しなければ

撮影はOKとのことでした。
[PR]
# by akakura52 | 2009-07-17 08:41 | Jazz


Presto:3

このプレスト、裏面はモーターが3点のゴム・パッキンで吊るされている

だけで他にはなにもありません。

コンデンサーやアームも。

当初どうやって33,45,78回転の切換えをするのか分りませんでし

た。

b0187922_833244.jpg


写真右のツマミを半時計回転に廻しながら上下に移動するとその

高さがプーリーに合います。

b0187922_8343296.jpg


大変シンプルなメカニズムです。

ガラード301の裏側は複雑ですがこちらはいたって簡単。

b0187922_8355034.jpg


ただし、プレートとスウィッチ表示を見ますとこのセッティングの反時計

回りに90度が正しいようです。

でもそうするとアームと回転ツマミが同位置に来てへんです。

また将来的に2アームで考えておりますからこの位置の方が左奥

にスペースが確保できます。
[PR]
# by akakura52 | 2009-07-12 08:41 | Audio


Presto:2

取り合えず回転することを確認したので早速LPを掛けました。

凄い音です。

というか凄いモーター・ゴロです。

b0187922_2054736.jpg


良く見るとアイドラーが一部がくぼんでいます。きっと長時間プーリーと

接触していたのでしょう。

あとモーターも大分ガタガタしています。

残念ですがプレストはガラードのようにアイドラーの供給がありません。

そこでネットで探したお店に連絡をしたら快く受けていただきました。

修理の状況は下記をご覧下さい。

http://garrard301.jp/?p=400



さあ帰ってきた物は以前と別物です。

ここはやはりモノラル使用とするためレコカットに付いて来たGE

のトーン・アームを移しました。

b0187922_20573431.jpg


このプレスト、やはりモノラルと抜群の相性です。

ベースも早く、タイトですしシンバルも気持ち良くなります。

あ~、このプレーヤー大切に使いたいと思います。

b0187922_20591710.jpg

[PR]
# by akakura52 | 2009-07-10 21:04 | Audio


Presto 15G2

渡米前に届いた荷物。

b0187922_8215934.jpg
b0187922_8221354.jpg


このグリーンのサランラップのようなものに包まれている物は大変

コンパクトなターンテーブル・モーター。

b0187922_8231895.jpg


そしてプラッターはブタ皮と思われるシートが貼り付けてあります。

b0187922_8282161.jpg


オーディオの機器を選ぶ時に何を基準に選びますか?

当然「音、価格、評判、その他」。


今回はこの造りでした。

メカニズムの多くが真鍮です。

それもビスまで。

見た瞬間に「廻らなくても良いから、ほし~い!」です。


早速真鍮磨きでクリーニングしたらぴかぴかです。

b0187922_8292853.jpg


とりあえず古いソニーのプリンスにデッカを取り付けました。

b0187922_8303442.jpg

[PR]
# by akakura52 | 2009-07-09 08:31 | Audio


Grand Zero

ニューヨークに行って如何しても確認したいことの1つがこの

大プロジェクトの進行具合です。

b0187922_1057694.jpg


ところがまだまだ基礎工事の進行中で地上に立ち上がっ

ていません。

後方に見えるフィナンシャルセンターがやけに目立ちます。

日本のアメリカ大使館や福岡シーホーク・ホテルの設計士、

シザース・ペリの作。


一昨年まではこの近辺が一種のイベント広場的に展示物等が

ありましたしボランティアの方の惨事の説明もあったのですが

工事範囲の関係でしょうか防護フェンスが広がりました。



それにしてもここに来るたびに口数がなくなり、両肩にズッシリ

と重みを感じてしまいます。

b0187922_1173419.jpg
ちなみにタワーとしては5本の予定でそのうち4棟目が日本の

槙文彦氏のファームが進めているようです。

余りの巨大さで全体像が分りにくいのですが敷地の中央部に

ビジターズ・センターとWTCメモリアルが配置されそれを取り囲む

ようにタワーがコの字型にレイアウトされています。

b0187922_11225711.jpg

[PR]
# by akakura52 | 2009-07-05 11:24 | Architect

    

ビンティージアイテムでジャズとサックス
by akakura52
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧