Jazz & Audio & Architect


decca ffss mk ii

LP を聞く場合その多くをモノラルで聞いています。

オリジナルまたはそれに近く古い盤はバリレラ、それ以外の国内盤モノラルはDENON102

を使用しています。

然しながらラックにはまだまだ多くのステレオ盤もありますので当然ステレオ・カートリッジも

4~5種類使用していますがその中でも特にダイレクト感とステレオ感ではこの Decca に

他のカートリッジは敵わないかと思います。
b0187922_875032.jpg

一般的なトーン・アームで使用する場合はコネクターが必要となる為専用アームを大分以前

購入しましたがやはりコネクターより良いようです。
b0187922_89434.jpg

それにしてもこのような構造でどうしてこれだけの音が出るのか不思議です。

なにしろカートリッジを指でつまんで動かすと左右に少々回転します。

またアーム先端の差し込み部とは全く強度があると思えません、それでも音がちゃんと出て

くるのですから・・・・

b0187922_8123026.jpg


それとこのスタイラスはバリレラより大きいのではないかと思う位しっかりしています。

残りの人生で消耗することはなさそうなくらいです。
[PR]
by akakura52 | 2016-09-29 08:15 | Audio

<< 一度はサンスイ D907F      Gerald Clayton ... >>

ビンティージアイテムでジャズとサックス
by akakura52
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧