Jazz & Audio & Architect


Altec N1501-8A

モノラル・システムのデバイディング・ネットワークを探していました。

通常ダブル・ウーハーですと500Hzから始まり800~1,200位が多そうです。

でもそれだとなんとなくウーハーがかわいそうに感じたまたま単品ででていた

このアルテックを試しに購入しました。

b0187922_17173468.jpg


クロス・オーバーは1,500Hz。

このウーハーはややフルレンジに近いですからヤマカンで高めの設定。

b0187922_17175942.jpg


へへへこのベース、まるで20cmフルレンジからでてくるような雰囲気。

大変早く最近の録音でも肥大せず非常にタイトです。

RCAのアンプとのマッチングもまあまあ良さそうです。
b0187922_17181655.jpg


ちなみに SEED さん考案の「ジェット化」は背面に移動しました。
b0187922_17193624.jpg

15” のダブル・ウーハーと言ってもベースが俊敏でないとジャズが面白くありません。

しばらくはこんな感じですね。

マッキンの C-8 と MC-30ですとまた違った印象です。
[PR]
by akakura52 | 2010-03-29 17:23 | Audio

<< David Stone Martin      RCA MI-2156A >>

ビンティージアイテムでジャズとサックス
by akakura52
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧