Jazz & Audio & Architect


Sambor Prei Kuk

有名なアンコールの遺跡群の中にあって少々地味でそれらの遺跡から約2時間

近くの距離にある為まだ観光客もほとんどいないサンボー・プレイ・クック。

アンコール・トムやワットより4~500年古いと言われています。
b0187922_7491030.jpg

b0187922_75055100.jpg


多くの有名な遺跡は樹木より高く大きなものが多いのですがこちらは自然の中に

ひっそりと点在しています。

このトランキュリティーが何ともいえず良いです。

しかしながら我々が付くと同時にやってきました、物売りの子供たちです。

彼等は英語、日本語、中国語、多分韓国語と相手を見ながら話しかけます。
b0187922_7515955.jpg


シュムリ・アップの方では数年前に禁止されたようで以前のような大人数の

物売りの子供たちに合う事はありませんでしたがこちらはまだのようです。

しかしながらカメラを向けるとこの表情です。
b0187922_7522463.jpg


1枚$1.00のスカーフは買わずそのまま$1.00を渡すと他の子供たちに取り

囲まれます。

日本の子供たちとは異なるキラキラした目にくぎ付けとなりました。

日本のチームが遺跡修復に大変なサポートをしていますが個人的にはそれ以外に

この子たちが物売りではなく崩壊しあちこちに点在しているジグソーパズルの

ような小さな石をあるめる様なアルバイトをさせてはどうかと思います。

確かに$1.00あればこの一家は数日は食べていけるようですが遺跡修復の手伝い

は未来永劫続きそうですから。
[PR]
# by akakura52 | 2017-02-12 07:57 | その他 | Comments(2)


Cambodia

2月初めに3回目のカンボジアに行ってきました。
b0187922_9453576.jpg

b0187922_9463183.jpg

昨秋よりプノンペンに直行便が就航したことで時間の有効利用が出来ると大きな

期待をしましたが結果的にはプノンペンからシュムリアップまで陸路を6~7時間

バス移動となりくたくたでしたが車内でワイン、焼酎、ウィスキーとビールを飲み

続けたおかげで通常のツアーより多めのトイレ休憩をしてなんとか辿り着きました。

トイレ休憩所のトンレ・サップ湖
b0187922_9472621.jpg

ここでもワイン、ビールを調達しました。


初めて訪れたのはかれこれ10年前でその頃は有名なアンコール・トムとワット以外

はそれ程賑やかではありませんでした。

特に魅力的であったベン・メリルは静けさの中にガジュマロと崩壊した遺跡の共生

に感動したものでした。
b0187922_9502281.jpg




さて初めてのプノンペンですがガイドさんやホテルの方から「治安が悪いので夜の

外出は控えるように」言われたので大人しく6人の仲間と食事し夜は道路向かいに

ある屋台にビールと軽いつまみを食べに出掛けた程度でした。

この年齢ですから「行ってはいけません」と言うような処をうろつく事は絶対に

しません。

それにしても首都プノンペンは建築ラッシュでモダンな建物があちこちに工事中

でした。

この国を陰で牛耳っているあの国とその国のせいで現地の方々にお金が余り廻ら

ないようで、カンボジア人にとって大好きな旅行者は口をそろえて「日本人」です。

アンコールの遺跡修復にソフィアやW大学の方々が大きな貢献をしている事と市内

のインフラ整備に尽力しているのを知っているからでしょう。


兎に角物価が安く居心地が良くシュムリ・アップは治安が大変良いです。

内緒の話ではこの国は男性天国とのこと・・・・・・・
[PR]
# by akakura52 | 2017-02-11 09:54 | その他 | Comments(0)


Van Gelder Studio

8月25日に永眠したルディー・ヴァン・ゲルダーのスタジオはあまり写真が

多くありませんね。

特に内部の写真を撮ろうものなら大叱責されたようですから。

ずっと気になっていたこのスタジオの設計士、F.Lライトの弟子と何かで読んだ

記憶があったのですがようやく資料が出て来ました。

David Henken でした。確かにライトの弟子でユーソニアハウスの提唱者の一人

だったようです。
b0187922_813812.jpg


この写真は グッゲンハイム・ミュージアム工事中のようです。

またこのデビッド・ヘンケンはNY近郊に個人住宅を多く設計していて

どれを見てもライトのデザインの流れを感じさせます。
b0187922_8151371.jpg
b0187922_8152655.jpg
b0187922_8153943.jpg


所在地である Englewood Cliffs はマンハッタンの隣 NJ です、ただこちらには

地下鉄がないでしょうからどうやって行くのかなと考えてしまします。

出来れば来年是非訪れてみたいと思っています。
b0187922_8222677.jpg

[PR]
# by akakura52 | 2016-11-19 08:26 | Architect | Comments(0)


usb/dac

仕事中にモニター横のカールソンから流れる JAZZ はほとんどが AccuJazz.com

か youtube。

もうかれこれ10年以上使用して来たのが Creative の Sound Blaster
b0187922_16151628.jpg

ですが流石にもう駄目になり新たにアマゾンを見ていたらこんなマッチ箱より小さな

ものが出ていました。
b0187922_1616645.jpg

左側の端子がイヤホン用でここに3Pジャックを差しRCA端子をアンプに。
b0187922_16175079.jpg


始め「これで音が鳴るのかな」と不安になりながらのどうやら同様の機能がありそう

ですしダメでも1,000円なら良いかと思い昨日注文し先程届きました。

アマゾンは凄いですね。



早速PCに接続し使用するアンプはサンスイ D907F そして一発で音が出て一安心です。

このサイズで立派にジャズが、それもアメリカのサイトが聴けるとはデジタル恐るべしです。

邪魔にならないし電源もいらないし仕事で聞く分には最高ですね。
[PR]
# by akakura52 | 2016-11-16 16:21 | Audio | Comments(2)


Scanspeak 10cmフルレンジ

あまりと言いますか、殆ど最近のオーディオ製品に詳しくないのですがそれでも

スキャンスピーク製のスピーカーは興味がありました。

結構高いのに驚きながらもカールソン・ロケットに入れたたらどうなるかな~っ。

たまたまヤフオクに新品未開封の Stereo 誌 2012年8月号がありほぼその価格で

落札しました。

b0187922_9134529.jpg


本当に未開封だったのを喜びながら開封したら「随分小さいな」と思ったらフレームまで

が10cmでコーン紙は8cm。それなら通常は「8cmフルレンジだろうよ!」と文句も

言いたくなりましたが仕方ないのでサブバッフルを作成しました。
b0187922_9162419.jpg

そして可愛らしいユニットを
b0187922_917783.jpg

サブバッフルに取り付けて
b0187922_9173844.jpg

いよいよ音出しです。




なかなか余裕のある音ですね。

これなら本当に評判の良い事が分ります。

まだまだエージング中ではありますが毎朝アンプのスウィッチを入れるのが楽しみに

なりました。
[PR]
# by akakura52 | 2016-11-06 09:20 | Audio | Comments(0)

    

ビンティージアイテムでジャズとサックス
by akakura52
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
音爺さん ご無沙汰..
by akakura52 at 10:41
大切な励磁スピーカー、そ..
by 音爺 at 14:47
音爺さん お早うご..
by akakura52 at 07:21
毎年の投稿、指をくわえて..
by 音爺 at 17:54
okamoto さん ..
by akakura52 at 07:06
私は、仕事場では、408..
by okamoto-arch at 23:15
音爺さん お早うご..
by akakura52 at 07:18
いつも楽しませて貰ってい..
by 音爺 at 20:49
okamoto さん ..
by akakura52 at 11:57
綺麗なユニットですね。 ..
by okamoto-arch at 19:52
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧