Jazz & Audio & Architect


一度はサンスイ D907F

オーディオ、それは Jazz を聴くための道具としてスタートしかれこれ30年以上。

不思議な事にサンスイのアンプを一度も手に入れた事はありませんでしたが

その評判はずっと気になっていました。ところが今は存在しない会社。

ヤフオクを見ていますと沢山出ていますね、そしてどのアンプが良いのか分かりません。

まあ適当にと思い落札しましたがスピーカー端子が破損しています。ジャンクでしたから。

b0187922_846248.jpg

それとスイッチが入りっぱなし。
b0187922_8465384.jpg

しかし動作したとの事でした。
b0187922_8595346.jpg


スイッチはアルプス製で問合せしたところ「もうありません。」当たり前ですね、30年以上

前の製品ですから。そこでネットを見ていましたら取付穴ピッチがぴったりのものがあり

5個で350円だったかな。
b0187922_8493172.jpg

上がこのアンプに付いていたもので下が購入したものです。随分小さくなっています。

早速音出ししましたら全く問題ありません、嬉しいですね 音が出ると。

このアンプで興味を持ったのは他のシリーズと異なりMCヘッド・アンプがあります。

MCトランスは数個所有しておりますから今さら必要ありませんでしたしこのヘッド・アンプ

の音に興味ありました。

トランスより音が明瞭に聞こえますがふくよかさは薄いかもしれません。

それにしても内部も綺麗でしたしタバコの臭いもなくガリボリュームも使用する都度気に

ならない程度まで軽減し日中はずっとこれでインターネット・ラジオを La Scala で

流しています。

不必要と思われるような昨今のファットな低音の出ない事も嬉しいですね。

気に入りました。

最初で最後のサンスイアンプかな。
[PR]
# by akakura52 | 2016-10-26 09:01 | Audio | Comments(0)


decca ffss mk ii

LP を聞く場合その多くをモノラルで聞いています。

オリジナルまたはそれに近く古い盤はバリレラ、それ以外の国内盤モノラルはDENON102

を使用しています。

然しながらラックにはまだまだ多くのステレオ盤もありますので当然ステレオ・カートリッジも

4~5種類使用していますがその中でも特にダイレクト感とステレオ感ではこの Decca に

他のカートリッジは敵わないかと思います。
b0187922_875032.jpg

一般的なトーン・アームで使用する場合はコネクターが必要となる為専用アームを大分以前

購入しましたがやはりコネクターより良いようです。
b0187922_89434.jpg

それにしてもこのような構造でどうしてこれだけの音が出るのか不思議です。

なにしろカートリッジを指でつまんで動かすと左右に少々回転します。

またアーム先端の差し込み部とは全く強度があると思えません、それでも音がちゃんと出て

くるのですから・・・・

b0187922_8123026.jpg


それとこのスタイラスはバリレラより大きいのではないかと思う位しっかりしています。

残りの人生で消耗することはなさそうなくらいです。
[PR]
# by akakura52 | 2016-09-29 08:15 | Audio | Comments(2)


Gerald Clayton at Cornelia Street Cafe

ビリッジ一帯には多くのジャズ・クラブがありますがこちらのコーネリア・ストリート・カフェ

は最も新しいクラブの一つです。
b0187922_744996.jpg

b0187922_7451013.jpg


名前の通りコーネリア・ストリートにあり1階は相当美味しそうなレストラン。

クラブはこの店内を入り地下に潜りますが準備が出来るまで外に並びます。


この日は Gerald Clayton(Pf) が参加するグループです。

彼を初めて見たのはかれこれ7~8年前のビリッジ・ヴァンガードでルイス・ナッシュ、

ピーター・ワシントンにジェームス・ウィリアムスが死亡した為急きょトラとして参加。

確かカリフォルニアの大学を出たばかりと記憶していますがその時の演奏の凄かった

ことが記憶に残っています。客席にはブルーノート出演前のジェームス・ムーディー

ら多くのジャズ・メンが陣取っていてワイワイの大騒ぎをしていました。

それに兎に角背も高くイケメンで話をしていても好青年で血筋の良さを感じます。
b0187922_746071.jpg

(残念ながら彼の頭がほんの少々見えるだけです)
b0187922_746545.jpg

演奏終了後リーダー(名前忘れました)、一緒に行った友人とジェラルド・クレイトン。

このクラブは初めて行きましたがびっくりしたのは「音の良さ」で多分ニューヨーク

で一番ではないでしょうか。店員さんにその事を言ったらバーカウンターに連れて

行かれ「彼がエンジニアーだから彼を誉めてくれ」と。エンジニアー兼バーテンダー

でした。こちらはバーテンダー以外はアルコールを取り扱えないのか時々ビールが

出てくるまでえらく時間のかかる事があります。
[PR]
# by akakura52 | 2016-09-08 07:51 | Jazz | Comments(0)


Level

小物のお話です。

アンプ、プレーヤーを乗せているラックとは言えない自分で組み合わせたもの。

一番下がMONO LP 、そしてCDプレーヤーとアンプがあり一番上にプレーヤーです。
b0187922_728847.jpg


近年のモダンなアイテムと違う為高さ調整が出来ませんから床にただ乗せただけで

時々水準器でチラッと確認する位。


ところが前から使用しているオーディオ・テクニカのこのレベル、どうも精度が気に

なります。同じ場所でありながら回転させると気泡が動くのです。

また反応も良くありません。

そこでホームセンターに行った折に大工コーナーにあった物を見ていましたらやはり

敏感に反応しさすが建築現場用と感心し小さいのを購入しました。

さあ並べて確認したらかなりの誤差があります。
b0187922_7292175.jpg

b0187922_7294860.jpg


そこでこのトップ・テーブルの水平調整用に車のジャッキを使用しアジャストしました。

たぶん自重とプレーヤー等の総重量は100KG弱かと思います。

最終的には5ミリ厚の磁器タイルが0.8ミリの屋根材サンプルになりほぼ水平に。
b0187922_730828.jpg



そして音出しです。

すごい! 激変です。

と、よそ様のブログでは良く拝見するのですが僕の駄耳には全く違いは分かりません。

それに聴くLPは8~9割以上がモノラル。

建物も水平、垂直は基本中の基本ですからそれと同等に大切はオーディオもそれに

ならってたまにはお手入れをしました。
[PR]
# by akakura52 | 2016-09-05 07:35 | Audio | Comments(2)


Grand Zero

あの痛ましいテロから大分経ち今では一大観光名所になりつつある
グランド・ゼロです。
もう地下鉄を降りると多くの人だかりですし屋台の物売りも。
b0187922_8215412.jpg

フリーダム・タワーはもう竣工しているようですが中央を結ぶコンコース
はまだ一部工事中です。
この千本鳥居のような真下にコンコースがあります。
b0187922_8232742.jpg

b0187922_8234333.jpg


やはり多くの方々は南北タワー跡地の巨大プールでお祈りを捧げて
います。
b0187922_8222511.jpg

このフリーダム・タワーは近くからみますとあまりその高さを感じませんが
ビリッジ辺りから見ますととてつもなく高い建物です。
b0187922_8281391.jpg


東北大震災で話題となった奇跡の1本杉と同様に当地にも Survivor tree
という瓦礫の中から発見され工事期間中他所で丁寧に育てられしたマメナシの木
がプールの完成と外構工事に合わせこちらも戻されました。
b0187922_8322221.jpg



友人や知人の為のお土産を探していたら本屋さんがあったので購入しました。

1, A Place of Remembrance (P250)
2, Here is New York(P860)
b0187922_82844100.jpg

b0187922_8324443.jpg

1, を6冊購入したところ 2, の分厚い本を出され「$60.00以上の購入者
 にはこれがサービスです。」と言われもったとたんその重さにびっくり。
グランド・ゼロで販売している大きなビニールバッグまで購入する始末。

これを持ったままではもう余所にも行けませんから途中昼食を食べてホテル
に戻り小休止。
まあ、この重さヘトヘトでしたが帰国後改めて見ますと感動しますし涙が止まり
ません。TVで一度だけ見た事がりますがタワーから降ってくる人物まで撮られて
います。ご遺族の気持ちを察しますと大変複雑ですね。
大切にしたい心身ともに重い本です。
b0187922_8325764.jpg

[PR]
# by akakura52 | 2016-08-24 08:35 | Architect | Comments(0)

    

ビンティージアイテムでジャズとサックス
by akakura52
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧