Jazz & Audio & Architect


<   2015年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧



絹糸、ケブラー糸

夕方のひと時にかけたハンプトン・ホースのピアノが揺れたので「はて、何だろう」

と思いプレーヤー周りを探っていたら突然プラッターがストップ。

でもモーターは回転してます。

ケブラー糸が切れました。
b0187922_7244126.jpg


だいたい一年に一回の交換でしょうか。 この糸は100mあるので1回で2m

使用したとして50年です、

あと1/2世紀在庫があっても自分が持ちません。

今回はケブラー糸のスリップが気になり大工さんが使う墨壷用の絹糸に交換。

ケブラーより食いつきが良い為回転数がかなり上がるのでプーリーも絹糸用のと交換。

b0187922_7291112.jpg


糸による音の違いも回転数同様に出てきますね。

ただ、ケブラー程寿命は長くなくせいぜい4~5ヵ月でしょうか。それでもケブラーと違い

近くのホーム・センターで安くて簡単に変えますから便利ですね。

b0187922_7313561.jpg

[PR]
by akakura52 | 2015-03-29 07:34 | Audio | Comments(0)


Denon DL102+Shure Transformer

モノラル用カートリッジにデノンDL102を使用されている方は結構多い

でしょうね。

皆さまはどんなトランスフォーマーを使用されているのか気になります。

インピーダンスが240Ωと中途半端な為丁度良いトランスが見当たりりません。

出力が高いからダイレクトでもOKとのことですがやはり僕はあった方が良い

と思います。

たまたまいつもの ebay に Shure のマイク用トランスフォーマーが単品で

出ていました。
b0187922_1451294.jpg

Pre:240Ωで Sec:20K。

売主もあまり詳しくないらしくワイヤリングが分かりませんでしたが何とか配線し

ました。ボディー・アース以外にもアースがあったりハムが出るたびに弄った

結果いまは全く静かで力強く、大満足です。

やはりこのカートリッジにはトランスがあった方が Jazz の雰囲気が良いですね。

そして102カートリッジのアームは GE 製です。

b0187922_14525866.jpg


特殊な形状のため一般のシェルが使用できないのでアルミ・チャンネルを加工し

取りつけています。
b0187922_14535194.jpg

何かの本に「モノラル再生はパイプ・アームではなく重くゴツイのが良い」とありまし

がさあどうでしょうかね。


b0187922_14514349.jpg

[PR]
by akakura52 | 2015-03-25 15:01 | Audio | Comments(2)


Magnetic floating platter

といかくLPをぴったりとシートに密着させるためにはそこそこの重量が

あるウエイトが必要ですね。そうすると軸受であるスピンドルとボール

ベアリングの接点が気になります。

たまたま近くのホームセンターでリング・マグネットを見つけました。

メーカーにこのマグネットの反力を聴いたのですが「吸着力はあるが

反力のデータはありません」とのこと。

それでは適当にやってみましょう。
b0187922_2015430.jpg

まずスピンドル・ウェルに1個接着し、
b0187922_2023130.jpg

プラッター側にも。芯出しの関係で小さなCDを下地にしました。

LPとウエイトのない状態ですと
b0187922_2042494.jpg

そしてそれらを乗せると
b0187922_205694.jpg

こんな感じでほんの少々浮いているようです。

音に関しては変化はないと思いますが定速回転までの時間が一気に1/4程に。

ボールベアリングの負担が相当軽減されたかと思います。
[PR]
by akakura52 | 2015-03-17 20:08 | Audio | Comments(4)


Platter

レコードによってはソリのあるものが多くありますね。

ターンテーブルシートから浮いているのを見るとあまり気持ちよくありません。

そこでシート外周部に1.5ミリ程のスペーサーをかませウエイトで沈めてみました。

b0187922_9185321.jpg
b0187922_919520.jpg


一般的にレコード面は水平にするように言われてますからプリンス自体も少々傾け

レコード面で水平がとれるようにしました。
b0187922_9205373.jpg


そしてこちらはダンベルの一部をウエイトに加工したもの。

結構重くしっかりとレコード外周部はシートに密着します。

30cm/2で1.5ミリの傾きだからあまり気にすることはないと思っていますしなにより

ピタット密着していると安心できます。

不思議なことに以前エアキャップで針飛びしていた盤がトレースすることもあります。

なぜかこんな簡単なことで針飛びが減少すると嬉しいですね。
[PR]
by akakura52 | 2015-03-14 09:27 | Audio | Comments(2)


La Scala その2

見た目はコンパクトながら重量は相当に重いです。

3way all horn でウーハーは外からは見えません。正面の三角形状

の中にあり後方に向かって取りつけられてます。
b0187922_16155491.jpg



ただ出てくる音は非常にタイトで早いですね。何人かの友人が早速お遊びに来て

「前のJBLバックロードより良いね、特にライブにおける雰囲気、拍手も煩くない」

と気に入ってもらいました。

キャビネットはかなり複雑です。アメリカのほうからDLした画像です。
b0187922_1614239.jpg


ドライバーとツイーターはEV製ですが15インチウーハーだけが分かりません。

なにしろこの機種は天蓋を明けてからドライバーとネット・ワークをはずしそれから

もう一度蓋を明けないとわからないからです。

ステファンスが使用されてたこともあったようで、それなら嬉しいですが。
[PR]
by akakura52 | 2015-03-03 16:24 | Audio | Comments(3)

    

ビンティージアイテムでジャズとサックス
by akakura52
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
音爺さん ご無沙汰..
by akakura52 at 10:41
大切な励磁スピーカー、そ..
by 音爺 at 14:47
音爺さん お早うご..
by akakura52 at 07:21
毎年の投稿、指をくわえて..
by 音爺 at 17:54
okamoto さん ..
by akakura52 at 07:06
私は、仕事場では、408..
by okamoto-arch at 23:15
音爺さん お早うご..
by akakura52 at 07:18
いつも楽しませて貰ってい..
by 音爺 at 20:49
okamoto さん ..
by akakura52 at 11:57
綺麗なユニットですね。 ..
by okamoto-arch at 19:52
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧