Jazz & Audio & Architect


<   2012年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧



PHONOGRAPH NEEDLE partⅡ

あまりの期待の大きささだったから昨日の酷さはびっくり。

結論は、今はご機嫌に鳴っています。

はて、何だったんだろうと不思議なんですが

アームはスケートのように盤上を滑ってしまうし、雑音だらけだし。

今までのものと比較し

1、新品は両サイドにある板バネ状のスプリングが効きすぎていました。
2、フラットバーのカンチレバーに対しスタイラスが垂直にセットされていません。
3、ダンパーとの接触も歪んでいました。

まあこれらを根気良く少しづつ試して行き、本日はご機嫌です。

b0187922_1629776.jpg

こちらは今までのオリジナルで裏にGEの刻印があります。

ただ大変に薄い為すぐに曲がってしまいます。
b0187922_162917100.jpg

この角度を参考に新しいものを調整しました。

左がサファイヤの3ml, 右がダイヤで1ml。

それでUPX-003のクローンですがこちらも快調。
b0187922_1630887.jpg


現状ですと0.7ml が 1ml より好ましいですね。

ただし、1ml の図太さはなかなかです。

SPを聴きませんからターオーバーで両スタイラスを聴くことにします。



そういえば、弄っていいるかんに2箇所あるダンパーの針先近くのものが

どこかに飛んでいってしまいました。

それでも全く問題なく快調です、不思議ですね。
[PR]
by akakura52 | 2012-02-29 16:39 | Audio | Comments(0)


GE VRII PHONOGRAPH NEEDLE

なぜか快調に鳴り始めたバリレラ。

うれしくて仕方が無いですね。

いままで針先なんかろくに見ていないのがまずかったようです。
b0187922_21155123.jpg
b0187922_21161428.jpg

通常のカートリッジではパイプ状のカンチレバーがありますがバリレラは

真鍮の薄いフラットバーです。

よくよく見たらこのフラットバーが曲がっていて針先が垂直になっていません。

ピンセットで注意しながらゆっくり修正しました。

ハムなし、ノイズなし。そしてなにより本当に快調に鳴ります。

そんなわけで新しい針先も確保しておこうと1ml と 0.7ml を購入。

b0187922_21162635.jpg

アメリカにはまだこのようなNOSがあるのですね。新品です。

b0187922_21163483.jpg

ただ0.7mlは真鍮ではなくステンレスです。

真鍮より結構硬いですね。

さあ、さぞや気持ちよく鳴ってくれると期待して・・・・・

なんと最悪です。音にならない、なんだこれは。雑音だらけ。
[PR]
by akakura52 | 2012-02-28 21:24 | Audio | Comments(0)


Harry Pickens Trio

いつもの様に Jazz Rdio.com を聴きながら仕事をしていたら

「Fragile」の大変素敵なメロディーが流れ始め、あ~やっぱり

Kenny Barron のピアノはいいな~と思っていたら????

あれっ、どうもアドリブもサウンドも少し変だな・・・・

now playing を確認したら聞いた事もないアーティストです。

それが Harry Pickens 。

気に入ったので購入しようと思いアマゾンを覗くとこのCDはありません。

それではとディスク・ユニオンを見ても「在庫なし」こうなると

むしょうに欲しくなり ebay にたった1枚ありました。

新品でしかも$0.99。

b0187922_17103912.jpg
b0187922_17105620.jpg

それが昨日届き早速フラジャイルから聴いてみました。

やっぱり素敵ですね。

それではと1曲目のタイトル・チューンである The Shadow of Your Smile

から聴き始めたら?????    なんかみんな同じ雰囲気。

たまたま定期的に神田のジャズ・バー「オリンパス」でジャズのオリジナル盤

を紹介している友人が来て「いいね~このCD」と・・・。

まあそのうち気に入るようになるかもしれませんが

このCDはフラジャイル1曲だけでも十分満足。
[PR]
by akakura52 | 2012-02-16 17:19 | Jazz | Comments(0)


Shure TypeⅢ + FR-54

オーディオを始めた頃に購入し今でも使用しているものは

シュアー・タイプⅢとFR-54の組み合わせです。
b0187922_12405545.jpg

しかしながら例によって僕のシステムでこのタイプⅢが抜群であったためしが

なくほとんどMCカートリッジにその座を奪われていました。

ところが先日来いろいろ弄ったせいか久しぶりに Decca MKⅡと取り替えた所

すこぶる快調なんです。
b0187922_12435849.jpg

バリレラはモノラル専用でこのタイプⅢをステレオLPをモノラル合成トランス

からマッキンのC-8フォノに入れて聴くと、これはこれは大変楽しいJAZZです。

そんなことから最近はモノラルLP一辺倒だったのですがたまたまユニオンで

Sam Jones と Manhattan Jazz Quintet が700円程であったので嬉しく

なり購入。
b0187922_12484973.jpg
b0187922_12485864.jpg


サム・ジョーンズも好きなベーシストですが思ったほどピアノ・トリオの

リーダー作は多くないですね。

ケニー・バロンと一緒くらいしか手元にありません。

もう一枚のMJQはいろいろありますがこの中に Woody Shaw の作曲で

Sweet Love of Mine がクレジットされています。

前々から安いから買おうと思っていたのですが・・・・・


シュアータイプⅢが結構人気があるのがほんの少し分かり始めました。
[PR]
by akakura52 | 2012-02-13 12:55 | Audio | Comments(0)


バリレラ again

バリレラを ebay で購入してから相当の年数が経っていますがいままで

残念ながら満足する音で鳴ってくれませんでした。

フォノイコを入れてもいまいち・・・・


先日LE175ドライバーのダイヤフラムを交換してから久しぶりにセット

しました。
b0187922_10212952.jpg

フォノイコをはずしてマッキンC-8のコンペンセンサーを通したところ
b0187922_10221733.jpg

ようやく鳴り始めました。

長い年月でしたね~

恥ずかしながらアーム本体からのアースに断線があるのをつい先日発見。

当初ふくよか過ぎた低音もタイトでスピーディーになりシンバルも煌びやか。


きっとバリレラを使用されている皆様は当初よりこんな音を堪能していたのかな

と思うとなんと長い回り道をしたことか。


また音が好ましくなった要因のひとつがネット・ワークのボリュームを近年の

ものから古いJBLに付いていたものに交換してから。
b0187922_10275799.jpg

左にあるのがこれまで使用していた近年のプロダクト。
b0187922_10283758.jpg

ボリューム一つでこんなに雰囲気が変わるのですね。

古いLPをどんどん聴きたくなります。
[PR]
by akakura52 | 2012-02-10 10:31 | Audio | Comments(2)

    

ビンティージアイテムでジャズとサックス
by akakura52
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧