Jazz & Audio & Architect


<   2010年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧



Speaker Stand

ホーンが予想以上に快調の為スタンドを作成することにしました。

ホームセンターでいろいろ物色しましたが良い素材がありません。


b0187922_15355230.jpg


事務所にポスターを郵送したときの紙パイプがありこれを足にすることに決定。

SPFの端材をカットして木工ボンドで接着です。

b0187922_1537324.jpg

b0187922_15372051.jpg


一晩置いて十分乾燥したことを確認しスプレーで塗装です。

2本丸パイプのスタンドが出来ました。
b0187922_15384298.jpg

[PR]
by akakura52 | 2010-05-27 15:39 | Audio | Comments(2)


Finish

ホーンがタイルメントのままですとかなりゴツゴツしています。


やはり仕上げ用のパテは当てないといけませんね。

b0187922_20261735.jpg


DIY でクロス等の作業で下地の不陸調整で使用するものを調達。

(残念ながら近くに無収縮パテがありませんでした)

それでも数時間の乾燥後サンドペーパーをかけますと相当スムースになります。

b0187922_20285725.jpg


これ、ビックリする位、音に変化があります。

大げさに言いますと色以上かもしれません。

一度に厚塗りしますとクラックが大きいでしょうから残りはまたあした。
[PR]
by akakura52 | 2010-05-18 20:31 | Audio | Comments(6)


Almost done



なんだかんだと結構気にいってこのホーンを作成しました。

疲れましたが始めての経験。

ネックの強度を補強する為にリブを付けこれでほぼ完了。
b0187922_1623324.jpg


もうほとんど乾燥していますがまだ部分的にはツメあとがたつところもあります。

アバンギャルドのホルガー・フロンメ氏によるとあのスフィリカル・ホーンの精度は

1ミリ以下だそうです。

こちらは最大4~6ミリ位でしょうか。

b0187922_16264331.jpg


それでもウハー軸上に位置をコンクリート・ブロックで合わせ設置しますと

なかなかどうして元気一杯の音が跳ね飛んできます。

ホーンの交換でこれほど音が変わるとは思いませんでした。

良い部分とそうでない部分があり、まだまだ調整しなければなりません。
b0187922_16345992.jpg

[PR]
by akakura52 | 2010-05-13 16:35 | Audio | Comments(2)


Part:3

今回のホーンは予想以上に成功したようです。

やはり役に立ったのが

b0187922_905539.jpg


この型に合わせてテープを巻きつけていきました。

b0187922_914511.jpg


建築現場ではおなじみの寒冷紗です。

これを8等分にしてホーン内部に貼り付けました。

b0187922_931719.jpg


これはホーンとフランジとして使用した洗面器のフチを接着するため

ダンベルを重石としています。

まるでEVのドライバー見たいです。

LE-175と固定するとこんな感じです。

b0187922_953163.jpg

[PR]
by akakura52 | 2010-05-11 09:06 | Audio | Comments(0)


Exponential Horn: Part 2

取りあえず生乾きのまま試聴しました。

鳴った~!

b0187922_17563226.jpg

[PR]
by akakura52 | 2010-05-10 17:56 | Audio | Comments(4)


Exponential Horn

連休中に田舎に帰る予定がキャンセルとなり久しぶりに内職を試みました。

モノスピーカーに使用中のマグナボックスのホーンがビリつきはじめたので

昨年から考えていたスフィリカル・ホーンを作ることにしました。

いろいろ検索するとイクスポネンシャル・ホーンのカーブがヒットしましたのでこれを参考に。

材料はいろいろ試したのですが最終的に

1、スロートはハンガーパイプのソケット(ちょうど1インチ)
b0187922_8252247.jpg


スロート部が弱そうなので屋根材のカットサンプルで朝顔形に補強します
接着剤は速乾ボンドを使用。

2、ホーン部は手芸用の紙テープに造花用のワイヤーネット
b0187922_8261828.jpg


これが想像以上に面倒でした。
どの面も複雑なカーブの連続です。でも慣れてくるとなんとなく要領が分かりました。
多少のでデコボコはコンクリートボンドで覆いますから問題なし。

3、フランジは使い古しの洗面器をカット
b0187922_8301483.jpg


やはりスロート同様に素材をどうしようかと思ったのがフランジです。
ちょうど風呂場のポリエチレン洗面器を見ていたら「これ使えるかも!」
全く問題なくホーンと接着し、強度も十分と思われます。


そしてコンクリート・ボンドで外部から塗り付けました。

生乾きの時に手でデコボコを調整すると手にも付きません。
b0187922_8275910.jpg


もうここまできたらあとは内部を同様に仕上げますがこんどは寒冷紗を三味線
のバチ型に切って同様にタイルメントで仕上げます。
外部が十分に乾燥し、また気になりそうなデコボコも修正したからかかります。

その間にドライバーとの接続ピースも加工しておきました。
]
b0187922_827368.jpg

[PR]
by akakura52 | 2010-05-10 08:31 | Audio | Comments(2)

    

ビンティージアイテムでジャズとサックス
by akakura52
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
okamoto さん ..
by akakura52 at 07:06
私は、仕事場では、408..
by okamoto-arch at 23:15
音爺さん お早うご..
by akakura52 at 07:18
いつも楽しませて貰ってい..
by 音爺 at 20:49
okamoto さん ..
by akakura52 at 11:57
綺麗なユニットですね。 ..
by okamoto-arch at 19:52
音爺さん こんにちは。..
by akakura52 at 06:54
私も20cmフルレンジは..
by 音爺 at 12:39
音爺さん 有難うご..
by akakura52 at 07:21
音爺さん お早うご..
by akakura52 at 07:18
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧