Jazz & Audio & Architect


Joy Brown さん。( Frank Wess の奥さん)

今年も恒例のニューヨークに1週間行ってきました。

JALが羽田からニューヨークへの直行便を飛ばすのは39年ぶりとのこと。

成田へ行く事を思うと近くて、モノレール降りたらすぐチェック・インです。


例によって、Smalls のミッチにお菓子のお土産を渡し道路を渡った Mezzrowへ

Michael Weiss Trio を聴きに行きました。素晴らしい演奏で最高でした。

そこのベーシスト、Paul Gill にはビックリ。


b0187922_08083809.jpg
b0187922_08175573.jpg

最前列に近いところで聴いていてお隣の女性二人組とヤンヤヤンヤと盛り上がり

「ニューヨーク最高のアルコ弾きですよ」と教えてくれました。

そのうち「お名前は」と聴かれたのでお答えしたら「あら、日本の方ですか」と

ご年配の方が日本語で話しかけて来ましたがお若い方はほんのカタコト。

そしてこの方、Joy Brown さんはあのフランク・ウェスの奥さんだったようです。
(このジョイさんは目がご不十な日本人の方でした)

「ニューヨークではどこか行くのですか」と聴かれたので「仕事の関係で

Greenwood Cemetery に行きます」と答えたらミルト・ジャクソンはじめ

多くのジャス・マンが眠っているそうです。ちなみにフランク・ウェスは

 St, Peter"s Charch の Columbarium (納骨堂)にセダー・ウォルトンら

多くのジャズマンと一緒のようです。

そう言えばこの教会は良くジャズの無料でコンサートをやってましたね。

この時のメズローは満員で前日のスモールズでのカーク・ライトシーは歩道

に溢れる始末でジャズの人気が若い方達に浸透しているように見えました。
b0187922_08181955.jpg
b0187922_08264374.jpg


なんとこの時トランペッターのロイ・ハーグローブが飛び入り出演。

大盛り上がりでした。


[PR]
by akakura52 | 2017-08-04 08:34 | Comments(2)
Commented by 音爺 at 2017-08-04 17:54 x
毎年の投稿、指をくわえて読んでおります。
生のアメリカのジャズのリポート、楽しいです!
Commented by akakura52 at 2017-08-05 07:21
音爺さん

お早うございます。
だんだん年齢とともに投稿がおっくうになってきますね。
なんとか今回のニューヨークもアップしたいと思います。

<< Tramp Tower      修理完了の音出し >>

ビンティージアイテムでジャズとサックス
by akakura52
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
音爺さん お早うご..
by akakura52 at 07:21
毎年の投稿、指をくわえて..
by 音爺 at 17:54
okamoto さん ..
by akakura52 at 07:06
私は、仕事場では、408..
by okamoto-arch at 23:15
音爺さん お早うご..
by akakura52 at 07:18
いつも楽しませて貰ってい..
by 音爺 at 20:49
okamoto さん ..
by akakura52 at 11:57
綺麗なユニットですね。 ..
by okamoto-arch at 19:52
音爺さん こんにちは。..
by akakura52 at 06:54
私も20cmフルレンジは..
by 音爺 at 12:39
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧