Jazz & Audio & Architect


Short of Voice Coil

b0187922_07332493.jpg
連休中いろいろ弄りながらスピーカーの面白さを味わっていました。

大体失敗は「余計な事をする」から始まりですね。


Altec 409 が大変気持ち良く鳴っていたからこれに Telefunken Field

Speaker を入れ替えたらさぞ素晴らしくなるのではと・・・・

早速やりかけた時にスピーカーをゴトッと転がしてしまいました。

ありゃ~と思いながら接続したらほんのかすかに音はしますが従来の

音とは全くことなります。

ああ~、ボイスコイルの断線かと思いましたがテスターをあてるとほんの

わずかですが導通があります。それも1Ωちょい。

これってボイスコイルのショートかなと思い何時もお願いしている埼玉の

工房に電話したら「主人は今入院中です」と言われしかたないので自分で

だめもとでチャレンジしました。

フィックスド・エッジですからフレームからの取外しだけ慎重にと思い

竹へらでそっと差し込んだら以外に簡単に1/3程が綺麗にとれました。

数十年の年月で接着剤が劣化していたようです。
b0187922_07334733.jpg
b0187922_07334422.jpg

あとはゆっくり慎重に差し込みながら途中一部割れがありましたが

なんとか取外しが出来ました。
b0187922_07332505.jpg

ボイスコイルをルーペを使って数日間良く見ましたところ巻き始めの

一部に角が当ったような凹みを発見。

きっとここだなと思いキズを付けない様にまた竹へらをそっと差し込み

捩りましたところ見事に DCR が6Ωに回復しました。
b0187922_07332145.jpg

うれし~ やった~。
この間にギャップのクリーニングとコーン紙のクラックを補修。

接着剤は以前アメリカからリ・コーンキットを購入した際に来たものです。
b0187922_07331916.jpg

速乾性ですから慎重に納めましたがセンター・ダンパーですから動かし

ようがありませんがそれでもギャップ内にスペーサーを入れで差し込み

半日養生して音出し。全く問題なし。良かった良かった。
b0187922_07331814.jpg

[PR]
by akakura52 | 2017-05-10 07:39 | Audio | Comments(0)

<< 修理完了の音出し      壺の穴明け >>

ビンティージアイテムでジャズとサックス
by akakura52
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
音爺さん お早うご..
by akakura52 at 07:21
毎年の投稿、指をくわえて..
by 音爺 at 17:54
okamoto さん ..
by akakura52 at 07:06
私は、仕事場では、408..
by okamoto-arch at 23:15
音爺さん お早うご..
by akakura52 at 07:18
いつも楽しませて貰ってい..
by 音爺 at 20:49
okamoto さん ..
by akakura52 at 11:57
綺麗なユニットですね。 ..
by okamoto-arch at 19:52
音爺さん こんにちは。..
by akakura52 at 06:54
私も20cmフルレンジは..
by 音爺 at 12:39
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧