Jazz & Audio & Architect


Mark Taylor

ルー・タバキンバンドのドラマー、マークさんから6月初旬に

「週末遊びに行っても良いか、それとオーディを聴かせてほしい」と

電話がありました。丁度池袋のホテルにいるから浦和でピックアップ

してほしいということで昼からずっと夕方までいました。
b0187922_14381331.jpg


オリジナルジャズLPのコレクターでもあり何人かの膨大なコレクションを所有する

ニューヨーク近郊のお年寄りとも大切にお付き合いしているようです。


いろいろお話している中でブルース・フィーリングのない日本人アーティスト

に対してはかなり手厳しい批判をしておりました。

日本人の女性アルトのバックでもレコーディングしたけれど「リーコニッツ」ライク

な演奏は好きになれなかったと。

帰りしに「月末にニューヨーク来た時に家に寄ってくれ」と言われたのでメールで

住所を確認し当日ホテルから電話で時間を聴いたら日本人の奥様出ました。

そしてこのアパート、凄いです。10Av に面しており地下鉄の新駅から約10分。
b0187922_14504457.jpg

この42階に住んでいてここからのビューの素晴らしいこと
b0187922_14545017.jpg

(10Avを真下に見てずっと先には自由の女神が見えます)
b0187922_14563134.jpg

(こちらはハドソン川、近くで高層ビルが建築中のため立腹していました)

以前はデクスター・ゴードン、チャーリー・ミンガス等の大物もすんでおり現在も

ジョン・ヒックスや多くのアーティスト住んででいるそうです。

ちなみに家賃は40万円ほどですが彼らアーティストは市に活動報告の申請を

することで1/3に減額となりさらに前年の所得に対する家賃調整もあるそうです。

アーティストに対する手厚い保護ですね。

室内の写真はないのですが秋吉敏子さんから貰ったとい言うダイナコのスピーカー

とJVCの1970年頃のプリメインアンプがありました。


それと最後になりますがこのアパートは地下にスタジオを持っており音楽だけでなく

美術のアーティスト達も創作活動が出来るそうです。

マークさんもドラムスの練習はこの地下で2~3時間位やっているそうです。

本当に恵まれた環境だと思いますがその分競争も激しく声がかかればどんな環境

でも喜んで演奏するのだと思います。
[PR]
by akakura52 | 2016-07-19 15:02 | Jazz | Comments(2)
Commented by 音爺 at 2016-07-19 21:20 x
おお、すごい御仁とお知り合いなんですね。
本当のジャズで育った方、その感性も羨ましいです。
Commented by akakura52 at 2016-07-20 06:49
音爺さんいつもありがとうございます。
マークさんは英国出身で日本人の奥さん(大阪出身)とお二人で
こちらにお住まいです。
年に何回かルー・タバキンさんと来日公演をしその合間にユニオン
に出没してLPあさりをしています。

<< お墓参り      Turntable Motor >>

ビンティージアイテムでジャズとサックス
by akakura52
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
音爺さん ご無沙汰..
by akakura52 at 10:41
大切な励磁スピーカー、そ..
by 音爺 at 14:47
音爺さん お早うご..
by akakura52 at 07:21
毎年の投稿、指をくわえて..
by 音爺 at 17:54
okamoto さん ..
by akakura52 at 07:06
私は、仕事場では、408..
by okamoto-arch at 23:15
音爺さん お早うご..
by akakura52 at 07:18
いつも楽しませて貰ってい..
by 音爺 at 20:49
okamoto さん ..
by akakura52 at 11:57
綺麗なユニットですね。 ..
by okamoto-arch at 19:52
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧