Jazz & Audio & Architect


花飾り

いやはや随分寒くなってきましたね、お陰さまで真空管アンプには最適です。

商売柄デザインに関しては常に気にしておりましたがスピーカーを旨く処理する

方法をずっと考えていました。


スピーカーのデザインと言えばやはりJBLですよね、ハーツフィールド、

パラゴンなど。でも僕にとって最も強烈だったのはJBL-88です。
b0187922_15295275.jpg
1970年代にこのような素晴らしいデザインを考えたなんて信じられません。

デザイナーはアーノルド・ウォルフ。



ドイツのスピーカーに興味を持ちその音のスピード感には大変満足しています。

一時不具合のあったテレフンケンの代役としてGraetz Breiband という22cm

フルレンジを購入しましたがそちらが治った為さて、どこに入れようかと思って

いた時に最近整理し初めてスペースが出来たレコード・ラックの一ますに入れ

込みました。
b0187922_15360493.jpg

しかしながらなんとも殺風景でかなり低域が出て良い音なのですが見てくれで

貧弱に聴こえてきそうです。

一時上記にある NOVA-88 のようにネットと化粧材を考えましたが思い切って和風に。

その前にキシラデコールで表面をペイントし乾いてからトップコートで仕上。
b0187922_15361210.jpg

b0187922_15362798.jpg
b0187922_15364109.jpg
一輪ざしの花器をキッチンより探し出しバッフルに取り付けたブラケットに乗せ

ました。


お花だけでなくキャンドルも置けます。

しかし、このブラケットは音の振動で落下してしまいましたのでこんどはバッフルに

釘をうちここに引掛けるようにし落下防止です。
b0187922_15364644.jpg

徳利形状の花器があったのでこれに紐を結んで釘に掛けましたからもう安心。


朝はお花を見ながら音を聴き日が沈んでからはキャンドルをセットしたいと

思います。

キャンドル用のガラス品も考えてます。


[PR]
# by akakura52 | 2017-10-16 15:58 | Audio | Comments(0)


スピーカー修理

快調に鳴っていたテレフンケンの励磁スピーカーが突然無音に!

お盆前で少々時間があったので調べたらリード・ワイヤーが切れてます。
b0187922_15175965.jpg
                (写真は裏から見たところです。)

こんなところで切れたらコーン紙をはずさなければならず大変厄介。


ペ-パーナイフを鑢で研いでゆっくり、ゆっくりナイフをフレームとコーン紙間

に差し込み剥離させていきました。


前に使用していた接着剤はエポキシ系だったのでしょうか大変堅い素材

で肌触りもガサガサです、これでは遊びがなくコーン紙にダイレクトに

負担が掛かりそうな為今回は建築用シリコンシーラントを使用しました。

金属とガラスを初め色々な素材と接着できますし建築現場の雨・風・地震

にも耐えられる分けですから問題ないでしょう。

これですともしまた何かあった場合も多少の厚みがありますしナイフを

入れればそれ程面倒なくコーン紙をフレームから剥がせそうです。
b0187922_15255926.jpg
b0187922_15061593.jpg
b0187922_15064470.jpg
b0187922_15064876.jpg

フレームを綺麗にした後養生テープで内外周マスキングしそこにコーキ

ングガンを使用して絞っていき一周したらへらで均一になぞり最後は

テープを他の場所にくっつけない様に剥がしていきます。

再確認した後にコーン紙を差し込み完了ですが乾燥時間はお盆の間とし

田舎に墓参りに出かけます。

[PR]
# by akakura52 | 2017-08-18 15:26 | Audio | Comments(2)


Village Vanguard

ここ何年もビリッジ・バンガードに行っていませんでした。

それは1週間連続で同じアーティストが出演する為好みと合わないとだめなの

です。

前から 月曜日だけ演奏するThe Vanguard Jazz Orchestra を聴きたかった

のですがこれも帰国の日が月曜日で駄目でしたが今回は行程をそれに合わせ

たので旨く行く事が出来ました。



ジャズクラブの予約は殆どインター・ネットで出来るのですがここは電話か

直接行くしかありませんので前日電話したら「満席だからスタンバイしなさい」

と言われたので少々早めに行ってならびました。
b0187922_08304543.jpg

運良く6人全員が近くに席が取れやれやれでしたが演奏は今一面白くありません。

以前ブルーノートで聴いたスライド・ハンプトンビッグバンドが最高!
b0187922_08291238.jpg
b0187922_08254702.jpg



ステージの左手が 7th AV でその真下に地下鉄が走っています。

ちょっと変だと思いませんか、色々な記事で良く、エバンスのワルツ・

フォー・デビーで地下鉄の音が右チャンネルから聴こえこれが分らない

システムはxxxxxとの記事を目にしますがそうなんですもし本当に

地下鉄の音でしたら左チャンネルの方から聴こえるはずです、

または両チャンネルからでしたら理解できます。



そして演奏中も何本かの地下鉄の通過を感じましたがそれはお尻か背中でなん

となくワサワサとした感じで決して音として感じたわけでありません。

まして左右のどちらか一方からなんてありえません。

これはすぐ近くのスモールズでも同様でこちらはステージに向って背中側が

7th AV なんですがやはり地下鉄はお尻あたりのムズムズとして感じです。

本当にあの録音は地下鉄の音だったのでしょうかね。

確かにニュー・ヨークの地下鉄は24時間運航されていますが土日は間引き

運転されますし今でも夜間は本数がかなりへり相当待たされることもありま

すから50年以上も前の運航スケジュールを考えるとそんなに頻繁に地下鉄が

走っていたとは到底思えません。

それにこのエバンスのライブ盤以外にも多くの録音がここでされていながら

他でも同じように地下鉄音が入っているとの記事を目にしませんね。

となるとあの音はなんなんでしょうかね。

換気扇の音かな。

それともこの頃のエバンスはまだ人気の出る前で客席もまばらだったから

お客さんがテーブルを動かしたり椅子をがたがたさせたのでしょうかね。

僕の意見はどうも地下鉄の音ではないように思います。

兎に角、演奏中に「音」として地下鉄を感じられなかったからです。

そんなことよりあの名盤を演奏主体で聴きたいですね。

[PR]
# by akakura52 | 2017-08-08 08:35 | Jazz | Comments(0)


Tramp Tower

今回は合計6名のツアーとなりました。

初めてのニューヨーク体験の方もいた為午前中はどうしても市内観光

になってしまいます。

やはりジャズ好き仲間ですから5番街のユニクロでジャズTシャツ

を買いたいとのことで何時もは縁のない5th AV に。

開店時間前のひと時を St Patrick Cathedral に伺いその荘厳な

空間を満喫しました。
b0187922_09074994.jpg
b0187922_09073196.jpg
b0187922_09065656.jpg

入場料は無料ですがドネーションを$10.00箱に入れ・・・・

昔バルセロナに旅行した折に行った” サグラダ・ファミリア ” をも

思わせる高い天井です。

本当に心静かに、大変穏やかな雰囲気になりました。
b0187922_09063921.jpg
b0187922_09063086.jpg
b0187922_09053632.jpg
パイプオルガンはエントランス側に小さなのと内陣側?  はて、教会も内陣 

と言うんでしょうかそれとも祭壇、講壇と言うのですかね、とにかく最前方の

側面に馬鹿でかいのがありました。

この内陣は特にセキュリティーが沢山いたので「納骨堂をお参り出来ますか」と

聞いたら「地下にあるけど皆さんは入れません」とのことで駄目でした。



メンバーがトイレに行きたいと言いだしたので道路向かいにある金色の建物へ

そうです、話題の「タランプ・タワー」でトイレ休憩。



NYPD のセキュリティーが張り付いてますが気にする事もなく館内に

入ると    まあ、びっくりする内装ですね。
b0187922_09153297.jpg
b0187922_09025381.jpg
b0187922_09023800.jpg
b0187922_09022850.jpg

日本ではあまり目にしない赤大理石と金の装飾です。

なんか、バブルの頃の六本木にあったクラブのようでした。

トイレは地下一階にありトランプショップを見ながら進みます。

お陰さまで大変快調に用がたせました。大統領に感謝です。



[PR]
# by akakura52 | 2017-08-06 09:23 | Architect | Comments(0)


Joy Brown さん。( Frank Wess の奥さん)

今年も恒例のニューヨークに1週間行ってきました。

JALが羽田からニューヨークへの直行便を飛ばすのは39年ぶりとのこと。

成田へ行く事を思うと近くて、モノレール降りたらすぐチェック・インです。


例によって、Smalls のミッチにお菓子のお土産を渡し道路を渡った Mezzrowへ

Michael Weiss Trio を聴きに行きました。素晴らしい演奏で最高でした。

そこのベーシスト、Paul Gill にはビックリ。


b0187922_08083809.jpg
b0187922_08175573.jpg

最前列に近いところで聴いていてお隣の女性二人組とヤンヤヤンヤと盛り上がり

「ニューヨーク最高のアルコ弾きですよ」と教えてくれました。

そのうち「お名前は」と聴かれたのでお答えしたら「あら、日本の方ですか」と

ご年配の方が日本語で話しかけて来ましたがお若い方はほんのカタコト。

そしてこの方、Joy Brown さんはあのフランク・ウェスの奥さんだったようです。
(このジョイさんは目がご不十な日本人の方でした)

「ニューヨークではどこか行くのですか」と聴かれたので「仕事の関係で

Greenwood Cemetery に行きます」と答えたらミルト・ジャクソンはじめ

多くのジャス・マンが眠っているそうです。ちなみにフランク・ウェスは

 St, Peter"s Charch の Columbarium (納骨堂)にセダー・ウォルトンら

多くのジャズマンと一緒のようです。

そう言えばこの教会は良くジャズの無料でコンサートをやってましたね。

この時のメズローは満員で前日のスモールズでのカーク・ライトシーは歩道

に溢れる始末でジャズの人気が若い方達に浸透しているように見えました。
b0187922_08181955.jpg
b0187922_08264374.jpg


なんとこの時トランペッターのロイ・ハーグローブが飛び入り出演。

大盛り上がりでした。


[PR]
# by akakura52 | 2017-08-04 08:34 | Comments(2)

    

ビンティージアイテムでジャズとサックス
by akakura52
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
音爺さん ご無沙汰..
by akakura52 at 10:41
大切な励磁スピーカー、そ..
by 音爺 at 14:47
音爺さん お早うご..
by akakura52 at 07:21
毎年の投稿、指をくわえて..
by 音爺 at 17:54
okamoto さん ..
by akakura52 at 07:06
私は、仕事場では、408..
by okamoto-arch at 23:15
音爺さん お早うご..
by akakura52 at 07:18
いつも楽しませて貰ってい..
by 音爺 at 20:49
okamoto さん ..
by akakura52 at 11:57
綺麗なユニットですね。 ..
by okamoto-arch at 19:52
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧