「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

Jazz & Audio & Architect


Grand Zero

あの痛ましいテロから大分経ち今では一大観光名所になりつつある
グランド・ゼロです。
もう地下鉄を降りると多くの人だかりですし屋台の物売りも。
b0187922_8215412.jpg

フリーダム・タワーはもう竣工しているようですが中央を結ぶコンコース
はまだ一部工事中です。
この千本鳥居のような真下にコンコースがあります。
b0187922_8232742.jpg

b0187922_8234333.jpg


やはり多くの方々は南北タワー跡地の巨大プールでお祈りを捧げて
います。
b0187922_8222511.jpg

このフリーダム・タワーは近くからみますとあまりその高さを感じませんが
ビリッジ辺りから見ますととてつもなく高い建物です。
b0187922_8281391.jpg


東北大震災で話題となった奇跡の1本杉と同様に当地にも Survivor tree
という瓦礫の中から発見され工事期間中他所で丁寧に育てられしたマメナシの木
がプールの完成と外構工事に合わせこちらも戻されました。
b0187922_8322221.jpg



友人や知人の為のお土産を探していたら本屋さんがあったので購入しました。

1, A Place of Remembrance (P250)
2, Here is New York(P860)
b0187922_82844100.jpg

b0187922_8324443.jpg

1, を6冊購入したところ 2, の分厚い本を出され「$60.00以上の購入者
 にはこれがサービスです。」と言われもったとたんその重さにびっくり。
グランド・ゼロで販売している大きなビニールバッグまで購入する始末。

これを持ったままではもう余所にも行けませんから途中昼食を食べてホテル
に戻り小休止。
まあ、この重さヘトヘトでしたが帰国後改めて見ますと感動しますし涙が止まり
ません。TVで一度だけ見た事がりますがタワーから降ってくる人物まで撮られて
います。ご遺族の気持ちを察しますと大変複雑ですね。
大切にしたい心身ともに重い本です。
b0187922_8325764.jpg

[PR]
# by akakura52 | 2016-08-24 08:35 | Architect | Comments(0)


A sad day in Harlem

エスクワイヤーの表紙を飾りスピルバーグの映画「ターミナル」の重要な

現場となった57人のジャズマンを撮った奇跡の集合写真があるハーレム

に久し振りに行ってきました。前に行った時は映画がヒットした少し後で

昼間だったのに少々薄気味の悪いジャンキー達がうろうろしていました。

地下鉄の1,2トレインではなくA,Cトレインで125stまで行き探しますが

見つからないので郵便屋さんに聞きました。
b0187922_19412783.jpg

こちらはよそからお借りしました。


現在は
b0187922_1942258.jpg

60年近くたっていますが手摺の一部が変わった位でほとんどそのまま。

ハーレムも再開発が進み表通り(125st)あたりは近代的なビルが建設

ラッシュです。

それでもちょっと脇道を入るとゾクッとする雰囲気も残っておりますしやはり

道行く人の大多数が黒人です。あまり身なりも良くありません。


125stに戻りのどが渇いたので有名なレノックス・ラウンジでビールを

飲もうとしたら・・・・・あらら悲しい事に封鎖されていました。
b0187922_19491340.jpg


以前来た時は大変色っぽい方が美味しいビールを出してくれたのですが。

こちらも新しいビルに建て替わるのかもしれませんが歴史のあるジャズ・クラブ

がまた一件なくなってしまい寂しいですね。
[PR]
# by akakura52 | 2016-08-05 19:52 | その他 | Comments(2)


Heathkit WA-P2

毎日3~5時間ほどモノラルを聴き続けたプリはマッキンの C-8 です。

大変酷使したかと心配した通りこの一月ほど ボソボソ ブツブツ と

不規則にノイズが入り始めました。そろそろソケットの交換でしょうか。

とても僕に出来る技でなさそうなので昨日友人の A さんに修理を

お願いしました。
b0187922_7185100.jpg

大分以前 ebay で結構安く購入し暫くしてからプロショップでフルメン

テナンスして頂きました。それ以降は好調のまま。

暫く修理の間に代役としてこれも ebay でそれこそ数千円で落札した

ヒースキット WA-P2 です。
b0187922_7182742.jpg

暫くぶりに聞き込むとなかなかの音です。

十分に C-8 の代役は出来そうで安心しました。

久し振りに顔つきを見てどこか変なのです。

ネットで時々見かけますがそのほとんどがこちら
b0187922_7244214.jpg

そうです僕のはボリュームが黒のつまみでしかも内外の2連になっています。

いまいち使用方法が明確でないのですが内側の小さなつまみで大凡の

位置を決め外側で細かく設定するのでしょうか。少々トーンコントロールも

かかっていそうで今模索中です。
[PR]
# by akakura52 | 2016-07-31 07:30 | Audio | Comments(0)


お墓参り

今回の旅行で夜の Jazz Club 巡りを別にすると行きたかった場所は

グランド・ゼロとWoodlawn Cemeteryでのお墓参りです。

地下鉄の3号線を北上し途中ヤンキー・スタジアムを見ながらブロンクスに

入り終点が目的地で約1時間ほどの距離。でも1週間パスを購入してます

からどんなに乗ってもかまいません。

b0187922_744476.jpg

こちらが正面入り口と思っていたら他にも何ヵ所かのエントランスがあるようです。

受付でマップを頂き「お参りしたいだれか特定の人はいますか」と聞かれたので

野口英夫、 Miles Davis, Duke Ellington, に行きたいと伝えたらマーカー

してくれました。
b0187922_79752.jpg

野口英夫はこの建物の裏にあります。

まず目的のマイルスのお墓に。
b0187922_7105492.jpg

確かエリントンもこの近くのはずですがどうやら平墓地の様で見当たりません。

でもすぐ近くにイリノイ・ジャッケー、ジャッキー・マクリーンがありました。
b0187922_7125671.jpg

b0187922_7132135.jpg

こちらは海外では良く見かける一軒家のような墓地で著名な方なのでしょう。
b0187922_7162356.jpg


最後にこの墓地がいかに広いかをマップで
b0187922_7183136.jpg

左下に Woodlawn Cemetery のロゴがありスケールでは500feet と

ありますからマップの横は約3kmになるのでしょうか。

そうすると駅前にあるエントランスからマイルスのお墓まで約1km、どうりで

疲れました。本当言いますと他にも

Lionel Hampton, Coleman Hawkins, Milt Jakcon, Max Roach等

が埋葬されていますがとてもじゃないですが探しきれません。

次回はビールとサンドウィッチを持参しないと無理です。
[PR]
# by akakura52 | 2016-07-24 06:56 | その他 | Comments(0)


Mark Taylor

ルー・タバキンバンドのドラマー、マークさんから6月初旬に

「週末遊びに行っても良いか、それとオーディを聴かせてほしい」と

電話がありました。丁度池袋のホテルにいるから浦和でピックアップ

してほしいということで昼からずっと夕方までいました。
b0187922_14381331.jpg


オリジナルジャズLPのコレクターでもあり何人かの膨大なコレクションを所有する

ニューヨーク近郊のお年寄りとも大切にお付き合いしているようです。


いろいろお話している中でブルース・フィーリングのない日本人アーティスト

に対してはかなり手厳しい批判をしておりました。

日本人の女性アルトのバックでもレコーディングしたけれど「リーコニッツ」ライク

な演奏は好きになれなかったと。

帰りしに「月末にニューヨーク来た時に家に寄ってくれ」と言われたのでメールで

住所を確認し当日ホテルから電話で時間を聴いたら日本人の奥様出ました。

そしてこのアパート、凄いです。10Av に面しており地下鉄の新駅から約10分。
b0187922_14504457.jpg

この42階に住んでいてここからのビューの素晴らしいこと
b0187922_14545017.jpg

(10Avを真下に見てずっと先には自由の女神が見えます)
b0187922_14563134.jpg

(こちらはハドソン川、近くで高層ビルが建築中のため立腹していました)

以前はデクスター・ゴードン、チャーリー・ミンガス等の大物もすんでおり現在も

ジョン・ヒックスや多くのアーティスト住んででいるそうです。

ちなみに家賃は40万円ほどですが彼らアーティストは市に活動報告の申請を

することで1/3に減額となりさらに前年の所得に対する家賃調整もあるそうです。

アーティストに対する手厚い保護ですね。

室内の写真はないのですが秋吉敏子さんから貰ったとい言うダイナコのスピーカー

とJVCの1970年頃のプリメインアンプがありました。


それと最後になりますがこのアパートは地下にスタジオを持っており音楽だけでなく

美術のアーティスト達も創作活動が出来るそうです。

マークさんもドラムスの練習はこの地下で2~3時間位やっているそうです。

本当に恵まれた環境だと思いますがその分競争も激しく声がかかればどんな環境

でも喜んで演奏するのだと思います。
[PR]
# by akakura52 | 2016-07-19 15:02 | Jazz | Comments(2)

    

ビンティージアイテムでジャズとサックス
by akakura52
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧